台形地って何?京都の不動産売却における不整形地について
Column

不動産の購入や売却において、よく見かける土地は基本的に正方形や長方形などの整形地です。

 

しかし、中には変形地、あるいは不整形地と呼ばれる変わった形の土地があります。

 

今回紹介する「台形地」も、そんな不整形地の一つであり、京都の古い土地にはこうした台形地がいくつも存在します。

 

今回は、そんな不整形地にどういったメリットやデメリットがあるのか、そして高値で売却する方法はあるのかという点についてお話します。

台形地とは

 

 

 

台形地とは、その名の通り、台形の土地のことです。

 

三角形に近いものから正方形に近いものまで様々ですが、整形地と比べると様々な違いがあり、基本的に不整形地として扱われております。

 

ここでは、そんな台形地のメリットとデメリットをお話しましょう。

メリット

台形地のメリットは、土地そのものが安いことです。

 

基本的に不整形地は評価額が低いため、固定資産税や相続税といった税金の額も少ない傾向にあります。

 

そのため、購入費も維持費も安価で済ませやすいことが魅力です。

デメリット

台形地のデメリットは、家を建てる際にコストが掛かりやすい他、売却しづらい傾向にあるのも挙げられます。

 

購入した土地の形状にもよりますが、土地に合わせて建物を建てようとすると、調整や工夫が必要になります。

 

その影響で建築費用がかさむ可能性があります。 広めの土地であれば購入した土地から正方形の面積で家を設計、建築するという方法もありますが、その場合デッドスペースが生まれやすくなるのも問題です。

 

このような使いづらさから買い手に敬遠される傾向があり、土地の評価額も低いことから、売却額が整形地よりも下がりやすいのもデメリットとして挙げられます。

条件次第ではデメリットを解消できる

このように、台形地を始めとした不整形地はメリットよりもデメリットが目立ちますが、条件によっては上記のデメリットのほとんどを解消することができます。

 

建築コストやデッドスペースの問題ですが、これはあくまでも台形地を購入し、これから家を建てる場合に発生するものです。

 

すでに家が建っている状態で購入した、あるいは家と土地を相続したというのであれば、建築コストの問題は発生しません。

 

また、デッドスペースの問題も庭として利用したり、規模が大きければ駐車場やレンタルスペースとして活用できたりします。

 

売却しにくい、売却額が下がりがちといったことも、不動産業者選びで解消できるでしょう。

台形地の不動産を売る場合:不動産業者の探し方

台形地を高く売却するためには、地域密着型の不動産業者を選ぶことが重要です。

 

地域密着型の業者は、その地域の市場動向に詳しく、台形地の売却に豊富な実績を持っているため、適正な価格で売却できる可能性が高いです。

 

加えて、以下のポイントも参考に業者を探しましょう。

不整形地の売却に実績がある

過去に台形地の売却を成功させている業者を選ぶことで、ノウハウや経験に基づいたアドバイスを受けることができます。

 

台形地を始めとした不整形地は不動産業者も敬遠する傾向があります。

 

そのため、売却の実績がない不動産業者は断るか、理由をつけて安く買い取る可能性があります。

 

しかし、不整形地の売却にノウハウのある不動産業者は、不整形地のメリットを見出してしっかり買い手を探してくれます。

 

また、買取する場合でも、ニーズのあるお客への提案や的確な販売方法を把握しているので、不整形地でも高価買取をしてくれやすいです。

 

実績は、ホームページに掲載されている販売実績をチェックするという方法が一般的です。

不動産の売却実績|ライズ不動産販売

 

対応が丁寧で、説明内容も納得できる

説明の丁寧さは、実績の裏付けになります。 実績やノウハウが蓄積している業者は、売主の不安や疑問点も把握しているため、説明が丁寧でわかりやすい傾向にあります。

 

業者の対応力を確かめる例とし、以下のような質問が挙げられます。

  • ・査定額はどのように算出したのですか?
  • ・売却までにどのくらい時間が掛かりますか?
  • ・台形地はどういった人に売れるのですか?

など

地域密着型の業者であること

不動産売却で大手不動産業者に売却を検討する人もいますが、こういった不整形地の場合、地域密着型の不動産業者の方が、売却額や買取額は高くなる傾向にあります。

 

地域密着型の業者は、その地域で長年営業しているため周辺環境に詳しく地域の市場動向や相場に精通しているので、適正な価格で売却できる可能性が高くなります。

 

加えて、地域密着型の業者は、規模が小さいため、意思決定が迅速です。 担当者が変わることが少なく、スムーズなコミュニケーションを取ることができます。

台形地の不動産を売るなら、ライズ不動産販売にご相談を

台形地は不整形地のため維持費は安価ですが不動産価値は低く、それに伴い売却額も低くなる傾向にあります。

 

そのため、高値で売却するためにはこうした不整形地に強い業者を探し、依頼するしかありません。

 

台形地のような不整形地の売却はライズ不動産販売にお任せください。

 

京都の地元密着型の不動産業者であるライズ不動産販売でしたら、京都特有の台形地に関するノウハウも蓄積しており、高価買取の実績にも自信がございます。

不動産の売却実績|ライズ不動産販売

 

一般的な家屋やマンション、古民家など京都特有の不動産の売却をお考えであれば、ぜひ一度ご相談ください。

問い合わせ|ライズ不動産販売