旗竿地の不動産を売却する場合のポイントを紹介
Column

京都の古い物件で見かけることが多い不整形地の内「旗竿地」という不整形地は少なくありません。

 

従来の土地に比べて制約が多いので売却額が控えめになりやすい旗竿地ですが、ポイントを抑えておけば売却額を改善できるかもしれません。

 

ここでは、そんな旗竿地の特徴や売却する際のポイントについてお話しましょう。

 

旗竿地とは?

旗竿地とは、敷地の奥行きが広く、道路に接する路地の部分が細長い土地のことを指します。

 

敷地が竿の付いている端に見えることから、旗竿地と呼ばれています。

 

旗竿地は、土地が相続や土地開発の過程で分割された結果生まれてしまう物件です。

 

広い土地を分割する際単純に分割してしまうと、どの路地にも接していない土地が発生してしまいますが、建築基準法の法規上「接道義務」が発生します。

 

家を建てるためには幅4メートル以上の道路に2メートル以上接していなければならないというのが接道義務であり、道路に面していない土地を作らないように敷地の形を変則的にする必要があり、その結果旗竿地が生まれてしまうのです。

 

旗竿地は土地の利用価値が高い都市部で発生しやすく、特に京都のような観光都市では旗竿地は珍しくありません。

 

旗竿地の不動産的な価値

一般的に、旗竿地は不動産的な価値が低い物件として知られています。

 

その理由は、旗竿地はいわゆる不整形地に該当するからです。

 

一般的な物件は四角形に揃えられた「整形地」として扱われています。

一方、台形地や三角地、旗竿地といった形が歪な土地は不整形地と呼ばれ、以下の理由で評価が低いです。

 

  • ・建て替えにコストがかかる可能性がある
  • ・建築不可物件の可能性がある
  • ・従来の土地と比べて制限が付きやすい

 

評価が低い分土地単価が安くなり維持費も安価になりやすいですが、売却時の価格が安くなりやすい他、土地を担保に融資を受ける場合も評価が低くなるのがネックです。

 

評価が高くなりやすい旗竿地

上述したように、旗竿地は不整形地ですので一般的に評価は低いです。

 

しかし、中には旗竿地でも評価が高くなるケースがあります。

 

ここでは、評価の高い旗竿地の一例をご説明しましょう。

 

間口が使用できる

旗竿地の、いわゆる竿の部分に当たるスペースの間口が使用できる場合、旗竿地でも評価は高くなりやすいです。

 

こうしたスペースは駐車場として活用できるので、家を建てる際に駐車場のスペースを作る必要がありません。

 

そのため、整形地よりも広く自由に間取りを決めることも可能です。

 

日当たりが良い

日当たりの良い旗竿地はそれだけで評価が高くなります。

 

旗竿地は土地の形状上、どうしても建物が密集したエリアに存在するため、日当たりが悪くなりやすい傾向にあります。

 

そのため、旗竿地でも日当たりが良ければ十分にメリットがあるとされ、土地の評価は高まりやすくなるのです。

 

旗竿地を高く売るには業者の選び方が重要

 

旗竿地を高くるのであれば、間口箇所の土地を購入して整形地にするという手段がありますが、一番手っ取り早いのは旗竿地の買取に強い業者を探して売却することです。

 

ここでは、旗竿地のままで売却する際に不動産会社を探す場合の選び方の基準をお話しましょう。

 

不整形地に強いことを宣伝し、実績がある

上述したように、旗竿地は物件によっては高い評価で売れる物件もありますが、こうした物件は不整形物件に詳しい業者でなければ正しく評価してくれません。

 

一般的な業者の場合旗竿地は等しく不整形地と判断され、評価が下がる傾向にあるのです。

 

しかし、不整形地に詳しく、需要の見極めができるほどノウハウが蓄積された不動産会社であれば正しく評価してくれるので、高価買取のチャンスが生まれやすくなります。

 

こうした不整形地に強い業者は、ホームページで強く宣伝し、実績を紹介しています。

 

京都は昔ながらの町並みを維持している影響で不整形地が多く、高価買取をしてくれる不動産会社を探している人は多いです。

 

そのため、不動産会社側も過去の実績をアピールしていることが多いので、京都では不動産会社は見つけやすいといえるでしょう。

 

ライズ不動産販売でも多くの実績がございますので、ぜひご覧くださいませ。

不動産の売却実績|ライズ不動産販売

 

複数の会社を選び、見積もりをとってもらう

上述したように、京都では旗竿地に強く、買取実績のある不動産会社は多く見つかりやすいです。

 

そのため、不動産会社は複数候補を探し、買取額やサービス内容の比較検討をすることをおすすめします。

 

不動産会社によって評価額は異なるため、複数検討・比較することで土地の相場がわかりますし、より高価で買い取ってくれる業者が見つかりやすくなります。

 

旗竿地の売却はライズ不動産販売にお任せください。

旗竿地は京都に多くある不整形地の一つであり、正確に評価してくれる不動産会社でなければ安く買い叩かれる可能性が高いです。

 

したがって、旗竿地は不整形地に強い不動産会社を探し、買い取ってもらいましょう。

 

ライズ不動産販売は、そんな旗竿地に強い不動産会社です。

 

京都の地域密着型不動産会社であるライズ不動産販売は、不整形地に強いのはもちろん、京都市場を把握しているため、満足と納得ができる不動産買取を行っております。

不動産の売却実績|ライズ不動産販売

 

一般的な家屋やマンションはもちろん、古民家なども承っておりますので、京都特有の不動産の売却をお考えであれば、ぜひ一度ご相談ください。

問い合わせ|ライズ不動産販売