北区 土壌汚染の可能性ありの物件
Works

2019年7月 北区

北区_畑付近の物件

担当者からのコメント
Comment

担当:貞山元治
担当:貞山元治
本物件は前面道路が建築基準法上の6mの道路にしっかり面しており、建物自体も築40年程で、少し傾きはありますが、リフォームを行えば現状の状態でもまだまだ使用可能な中古不動産でした。 本物件のデメリット面は地域の建ぺい率50%と容積率80%の地域だったので、建て替えに弱かった点と少し前に染物のお仕事を本物件で行っており、土壌汚染の可能性もありました。 さらにお客様のご相談時には隣家の方が建て替えの準備をされており、本物件と境界の認識の思い違いが両社に起こっており、硬直状態でした。 私としてはまず、境界面の問題解決と販売活動を並行して進めていきました。 境界面も土壌汚染のお話も両方を簡単に済ますことのできない事案なので、慎重に進めていきました。 売主様には生活面の部分やリスク面を考えてなるべく早めのご売却をご希望されており、 「一般の方にゆっくりと販売していくのではなく、価格は少し下がっても早く売却の話を進めてほしい。」とお声を頂き、このような条件でも価格を強く出してくれる専門業者さん等、弊社の独自ネットワークを使い、価格を出しても売らえるように方向転換していきました。 ただ、いくら専門業者であっても境界面の問題と土壌汚染の可能性がある中で、価格を出してくれる業者は少なく、専門業者さんへの飛び込み訪問やネットや知り合い業者さんからのご紹介を頂いて何とか売主様からご満足を頂ける金額をご提示してくれる業者さんを見つけることができ、無事にご成約することができました。