山科区 災害等の影響でかなり損傷した物件
Works

2020年6月 山科区

山科区_災害等の影響でかなり損傷した物件

担当者からのコメント
Comment

担当:貞山元治
担当:貞山元治
本物件は弊社の位置から真逆のエリアにある、地域でした。 しかし、お客様からの「そのエリアで物件を探している」というお声があり、売主様へお話をさせて頂きました。 当初は売却に動かれずに「もう少し静観したい」と仰られていましたが、コロナの件もあり、「前に話にあったお客さんはまだいますか?」とご連絡を頂きました。 幸いにもそのころからお客様から求められているお声が増えていたので、販売活動のご依頼を頂くことになりました。 しかし物件は当初のお声を頂いていた時よりも災害等の影響でかなり損傷しており、ご相談頂いていた方からも「これではちょっと..」とお話がうまく進みませんでした。 売主様もご売却をされようとしている物件をこのまま住み続けるのも難しいので、修繕して住み続けようか、買い取ってもらおうかをご検討されており、売主様の買取ならと思っておられる金額をご提示頂き、思い切って買い取らせて頂きました。 売主様からも「思ったより修繕費用がかかりそうだったから買い取ってもらえてよかった」とお言葉も頂きました。 再販売時には災害時に損傷を受けた部分がネックとなり、なかなか売れない時期が続き、 弊社の方で部分的に補修を行おうか、価格を下げてもう少し粘ろうかというところに条件にピッタリの買主様が現れ、少し値段交渉もありましたが、ご成約させて頂きました。