北区 空き家にして10年以上 連棟住宅
Works

2020年8月 北区

北区_連棟住宅(空き家にして10年以上)

担当者からのコメント
Comment

担当:貞山元治
担当:貞山元治
本物件は空き家にして10年以上のボロボロの再建築不可の連棟物件。 物件所在地も求められる方が少ない地域でした。 築40年ほど経過しており、その間、1度も修繕をしていなかったので、建物としても限界を迎えていました。 売主様からは困惑した様子で「こんなボロボロでホンマに売れるんか?」と聞かれていましたが、「必ずお力になります」と販売活動のご依頼を頂きました。 販売当初から「売却価格での高望みできない」ことや「仲介適正価格での早期売却を目指す」、「折り合いつけば不動産業者さんへの買取もいとわない」などご要望や展望をお話合いして進めていきましたが、不動産業者さんへの買取は「エリア的に伸びない」口をそろえて言われ、一般のお客様の内覧数もエリア的なものもあるせいか価格的には相場とそこまで離れていないのに、内覧数も伸びないと、当初考えていた計画通りに進みませんでした。 途中、売主様から「自分で直して賃貸にした方が良いのか?」とご質問頂くこともありましたが、やはり賃貸としても改修費と賃料の価格競争による収益率が悪く、売主様にとって 何一つメリットがないので、ご説明させて頂くこともありました。 私としても必ず、ご要望に合うお客様はおられると思って弊社のお客様へのご紹介と新規のお客様への集客を行い、何とか売主様のご要望とされる条件でご成約できました。 私としても不動産は価格だけではないことを改めて認識することができました。