今熊野の山ぎわの築不詳再建不可物件(狭小平家連棟)
Works

2022年5月 東山区

担当者からのコメント
Comment

担当:宮川和秀
担当:宮川和秀
「売れん。」と諦めていた。 低価格帯ということもあってか販売活動したては反響も多かったが、 今熊野の山ぎわの築不詳再建不可物件(狭小平家連棟)ということもあり反響は多くても決まらなかった。 前面道路は1.2mと狭く非道路。 近隣の道路も軽自動車1台がやっと通れるだけで案内時はクルマを安心してとめる場所もなく永澤が苦労した。 価格を小刻みに二段階下げたがそれでも決まらず。 「全然決まらないのでもう一段階下げてみましょう!」と提案したが「これ以上はムリ!」と却下され同価格のまま媒介更新を3回。 それでも永澤は反響が入るたびに、イヤな顔ひとつせず案内を繰り返した。 年末に価格交渉ありのお客様に3か月かけて買い上がってもらい、 最後は私も「エイヤー!」で売主様を口説き契約となった。契約価格はチョー低価格。 契約後も永澤は買主様と一緒に現地に何度も足を運んだ。 リフォームの打ち合わせではなく、不要動産物の中から買主様が欲しいものを選定し、 専門業者撤去作業時も床や壁にキズを付けず丁寧に作業してもらうよう見守る為・・・ 今日、やっと決済を迎えた。 費用対効果だけ見ればメチャクチャ悪いけど そういう永澤の姿にはアタマが下がる。