下京区 ゲストハウス運営していた物件
Works

2021年2月 下京区

担当者からのコメント
Comment

担当:貞山元治
担当:貞山元治
本物件はゲストハウスを運営していた物件になります。 元々、収益の部分に関しては好条件の立地環境含め、利益率等は良かったみたいですが、 コロナの影響でお客様の足が止まり、先行きの不透明さや将来的なゲストハウスの成り行きに不安を感じ、弊社にご相談に来られました。 私としても今後のゲストハウスや民泊市場についてはかなり懸念するところを感じており、 売主様と意見が合致するところが多く、売却のご依頼をいただきました。 場所自体は非常に良かったのですが、リフォーム部分等でかなりもったいない施工が多々見受けられ、新築用地とリフォームをもう1度やり直す2パターンで販売活動を行っていきました。 販売当初は内覧やお問い合わせ自体も少なく、長期戦になる覚悟でいましたが、地道に販売活動を行っていたところ、2カ月ほどで非常に気に入ってくださったお客様と出会うことが出来ました。 ゲストハウスの売却で一番難しいところは以前にご購入された金額より下がるケースが非常に多いところです。 一時のゲストハウスブームに乗るかたちでご購入された方が損切りをしないように売却することは非常に難しいのが現状です。 今回の物件に関してご購入時よりも高くでご売却することが出来、私自身もすごく満足のいくお取引となりました。