電話にアイコン
0120-919-176
定休日 / 毎週水曜、第一・第三火曜
営業時間 / 9:00~19:00

営業時間 / 9:00~19:00

Page
Top

売却の流れ
flow

01
不動産の売却。まずは無料の査定から

不動産のご売却について、まずはライズ不動産販売にご相談下さい。

本格的に手放すことは考えておらず、「とりあえずどのくらいで売却できるのか知りたい」といった場合でも歓迎致します。
ご希望のご売却条件やご売却額などヒアリングさせて頂き、お客様にあった売却プランをご提案致します。

ご所有者様のお立ち会いのもと、査定をさせていただき、実際の土地面積が異ならないか登記簿面積との比較や、不動産の隣地境界に越境物がないかなどの問題がないか確認します。

そういった短所や問題点だけではなく、長所をしっかり見出し、どういった付加価値を付けられるのか。しっかりと査定させていただきます。

また、より詳しい不動産のデータを集め、買主様への告知義務違反といったリスク回避も行える為、さまざまな点で売主様にもメリットがある査定となります。

費用は一切かかりません。

02
不動産の買取または売却依頼をする

査定結果を元にご売却が具体的になりましら、是非、弊社にご依頼下さい。
不動産のご売却には「買取」と「仲介」がございます。どちらにもメリット・デメリットがあり、ご所有者様の状況やご希望に応じて、しっかりとご説明、ご提案させていただきます。

「仲介」の場合、ご所有者様と弊社と間で「媒介契約」を結び、責任を持って売却活動を行います。
「媒介契約」とは、不動産の売却活動を不動産会社に依頼する契約のことです。
専属専任媒介契約、専任媒介契約、一般媒介契約の3種類から選ぶことができ、弊社から最適なものをご提案させて頂きます。

売却活動は、この媒介契約に基づいて行います。
新聞の折込チラシやホームページへの掲載、各不動産ポータルサイトへの掲載といった、さまざまな媒体を活用して買主様を広く探す売却活動が可能です。
もちろん、「周囲の人にも知られたくない」というような事情がある場合には、秘密厳守での売却活動も可能です。
媒介契約に基づいての中間報告や、買い手がついた時などにご連絡を差し上げますので、吉報をお待ち下さい。

「買取」の場合、条件等の折り合いがつけばすぐに「売買契約」となりスピーディーなご売却が実現できます。
すぐに現金化したい場合など、お急ぎの場合におすすめです。
また、買主がプロの不動産業社となりますのでお取引が非常にスムーズです。

「仲介」で販売活動を行う中でお問い合わせの状況や購入希望者様の反応を見て「買取」にシフトすることも、もちろん可能です。

買取と仲介の違い
図1
図2
03
売買契約

買主様が見つかった際には、担当からご連絡を差し上げます。

代金、支払い方法、物件の引渡し日など、諸条件の合意ができれば売買契約となり、売主様と買主様との間で売買契約書を取り交わし、売買契約を締結いたします。
また、売買契約はご所有者様の代理人でも結ぶことが可能です。

04
ご契約後

無事、ご契約が締結された後は引渡しの日までに、荷物の撤去やお引越し等、引渡す準備をしていきます。

売主様として何をしなければいけないか、どうすればいいかなど、すべて担当者がサポートいたしますのでご安心下さい。

05
各種手続きと引渡し、抵当権の抹消

各種の手続き、抵当権の抹消など、司法書士に依頼し、所有権移転登記の申請や残金受領などの手続きを行います。

お客様に司法書士を探して頂く必要はありません。
パートナーシップを結んだ司法書士をご紹介できますのでご安心下さい。

これら必要な手続きが終わりましたら、買主様に売却不動産の鍵を全て引渡して頂き、取引完了となります。

また、売却不動産に住宅ローンのような残債務が残っている場合も、売却不動産の売買代金をもって精算し、抵当権抹消の手続きを行うことができますので、残債務の為にまとまったお金は必要ありません。
(売買代金が残債務金額に満たない場合は不足分のご用意が必要です。)

06
諸費用

不動産のご売却には、いくらかの費用が必要です。

・印紙税
・所得税
・住民税
・司法書士への報酬
・抵当権の抹消に使用する登記費用
・仲介手数料
・表示変更登記費用…など。

他にも、不動産の価値を高め、売却額をアップが狙えるのであれば『改装費用』、
不動産を撤去した方が良いのであれば『解体費用』、
不動産内に家具や荷物などが残されているのであれば『残置物撤去費用』などがかかります。

場合によって必要な費用は変わりますので、詳しくはお問い合わせ下さい。