実家を相続したら名義変更が必要?手続きについて分かりやすく解説
Column

京都の実家を相続することになり、名義変更などの手続きに困っている方もいるのではないのでしょうか。

名義変更は、人生の中でも経験する機会が少ないため、予備知識として持ち合わせている方も少ないでしょう。

今回は、名義変更などの手続きの流れと、必要な費用や税金について分かりやすく解説します。

実家を相続したら名義変更が必要?手続きについて分かりやすく解説

相続した不動産の名義変更を相続登記といいますが、この制度は2024年4月1日より変更となります。

これにより不動産の名義変更を怠ると罰則される可能性もあります。

さらに、名義変更がされていない不動産は、売却ができません。

相続後の名義変更は滞りなく行いましょう。

実家を相続した際に必要な手続き

実家を相続した際に必要な手続き

名義変更の他に何をすればいいのか分からない方も多いでしょう。

実家を相続してからの手続きの流れは以下のとおりです。

  • 遺言書があれば遺言書に従って進める
  • 遺言書が無ければ名義変更するべき不動産を調べる
  • 遺産分割協議を行う
  • 名義変更の手続きをする

遺言書の確認

まずは、遺言書が残されているかを確認しましょう。

遺言書が残されていた場合、それに従って相続を進めます。

 


遺言書が無ければ名義変更するべき不動産を調べる

遺言書が残されていなかった場合は、法律で定められた法定相続人によって遺産である実家を相続します。

法定相続人は、被相続人の生まれてから亡くなるまでの全ての戸籍謄本から調べられます。

また、名義変更が必要な不動産についても調べましょう。

不動産情報を調べるためには、「登記済権利証または登記識別情報通知」「固定資産納税通知書」「登記簿謄本」が必要です。

 


遺産分割協議を行う

相続人同士で「誰がどのように実家を相続するか」を決めることを、遺産分割協議といいます。

相続人全員の合意が得られたら、遺産分割協議書を作成しましょう。

遺産分割協議書には相続人全員の署名・捺印が必要です。


名義変更の手続きを行う

遺産分割協議が済んだら、名義変更ができます。

名義変更に関わる手続きは、法務局で行います。

必要書類を用意し、法務局へ相続登記申請をして名義変更をしましょう。

名義変更の手続きは複雑なので、一般的には司法書士に依頼するケースが多いです。

名義変更に必要な税金と費用名義変更に必要な税金と費用

名義変更には、税金や費用が発生します。

そこで今回は、名義変更するために必要な費用や税金について紹介します。

以下を参考に、名義変更にかかる諸費用を把握しましょう。

  • 謄本や住民票などの取得費
  • 司法書士など専門家への依頼費
  • 登録免許税
  • 相続税

謄本や住民票などの取得費

実家を相続し名義変更を行うには、相続人の戸籍謄本や住民票が必要です。

これらの書類は取得するのに手間がかかるので、司法書士に依頼するケースも多いです。

また、その際は戸籍謄本や住民票を用意するための費用が発生します。


司法書士など専門家への依頼費

名義変更を司法書士に依頼した場合は、依頼費がかかります。

依頼費は、一般的に5〜15万円程かかると言われています。

司法書士と費用についてもよく相談しましょう。


登録免許税

登録免許税は、名義変更する際に納めるべき税金です。

計算式は以下のとおりです。

登録免許税=固定資産評価額×0.4%

登録免許税は、名義変更の申請書に収入印紙を貼る形で納めます。


相続税

総遺産額が基礎控除額を超えた場合には、相続税を納める必要があります。

相続税とは、実家の不動産だけでなく、預貯金などの総遺産を相続した際に発生する税金のことです。

基礎控除額の計算式は以下のとおりです。

3,000万円+(600万円×法定相続人)

例えば、法定相続人が2人の場合の基礎控除額は以下の計算で求められます。

基礎控除額=3,000万円+(600万円×2人)=4,200万円

従って、総遺産額が4,200万円を超える部分に相続税が発生します。

総遺産額が4,200万円以下の場合、相続税は発生しないので、相続税の申告も不要です。

相続税については以下の記事でも詳しく紹介しています。

相続には多くの税金がかかる?京都で土地売却をする方必見の節税対策

実家を名義変更した後の運用方法実家を名義変更した後の運用方法

実家を名義変更したが、住まない場合の運用方法を以下に紹介します。

  • 売却する
  • 賃貸物件にする
  • 駐車場として土地活用する

売却する

実家に住む予定がない方がそのまま不動産を管理し続けるのは負担となるため、そのような方には売却を推奨します。

誰も住んでいない空き家は、劣化の速度が早いため、資産価値が急速に下がりかねません。

また、誰も住んでいない実家でも、固定資産税は納め続けなくてはなりません。

そのため、名義変更した実家を利用する予定が無い場合は、早めの売却を検討しましょう。


賃貸物件にする

名義変更後の建物の状態や立地条件がいい場合、賃貸物件として利用する方法もあります。

駅付近であれば需要が高く、賃料の確保もしやすいため、安定した家賃収入が期待できます。


駐車場として土地活用する

名義変更をした実家が築古物件の場合、建物を解体して更地にし、駐車場として活用する方法もあります。

駐車場経営は、賃貸物件に比べて管理がしやすく、場所によっては安定した賃料収入が期待できます。

地価などを判断材料に、駐車場に向いている場所かを調べてみてはいかがでしょうか。

実家を相続したら名義変更が必要?手続きについて分かりやすく解説

京都で名義変更した実家に住まない場合は売却を検討しましょう!

今回は、京都の実家の名義変更などの手続きの流れや、必要な費用について紹介しました。

今回の記事を参考にして、相続後の名義変更などの手続きをスムーズに行いましょう。

また、名義変更をした実家に住まない場合は、維持管理や税金の負担が続くので、売却を推奨します。

弊社ライズ不動産販売は、京都にある不動産の売却に精通しています。

ぜひお気軽にお問い合わせください。

問い合わせ|株式会社ライズ不動産販売