税金対策を解説!京都で不動産売却するとどんな税金がかかる?
Column

「どんな税金が必要だろう?」不動産売却を京都で考えている方としては気になる部分だと思います。不動産売却において税金は切っても切れない関係となっているので、対策をすることでお得に進められます。今回は税金にまつわることをまとめましたので、京都で不動産売却をお考えの方は参考にしてみてください。

不動産売却で大事な税金について知ろう

京都で不動産売却すると、様々な費用が必要になってきます。代表的なものとしては、京都の不動産会社に支払う手数料や税金などです。京都で不動産売却を考えている方々からすると、これらの経費はできるだけ削減できるといいですよね。税金については、京都の税務署などに確認すると思いますが、譲渡する時期によっても金額が変化することもあります。後で知らなかったということにならないように、詳しくご紹介していきます。

不動産売却に必要になってくる税金

知識が無くわからない状態で京都で不動産売却を進めていくと、損をしてしまうということがあります。というのも、税金は規則によって細かく分かれており、毎年税率が変わることもあるので、わかりにくい部分があります。そこで、京都で不動産売却のときに押さえておいて欲しい税金について解説しましょう。まずは必ず必要になってくるものとして、登録免許税と印紙税があります。そして利益が発生したときに必要になってくるのが住民税や譲渡所得税、復興特別所得税があります。

必ずかかる2つの税金

京都で不動産売却を行う際に登録免許税と印紙税が必ずかかる税金として挙げられます。

 

登録免許税

登録免許税は不動産売却時の名義変更に必要なものです。京都の売却する物件の所有権が変わると、不動産登記の変更も伴います。登録免許税は、固定資産税評価額×0.02で計算されますが、令和4年3月31日までは軽減税率が適用されるので、固定資産税評価額×0.015になります。

 

印紙税

印紙税は、不動産売買契約書に貼る印紙の費用で、不動産売買契約書に書かれている金額が多いほど多くなります。500万~1,000万円以下の場合は1万円、1,000万~5,000万円以下の場合は2万円、5,000万~1億円以下の場合は6万円、1億円~5億円以下の場合は10万円となります。

必要に応じてかかる3つの税金

京都で不動産を譲渡して、利益が発生した場合にかかる3つの税金をご説明します。

 

住民税

住民税は、(所得金額ー所得控除)×住民税率で計算できます。住所の都道府県と市区町村に収める2つの地方税が合わさったものが住民税です。

 

譲渡所得税

譲渡所得は、不動産の所有期間によって合計税率が変わります。

  • 5年以下の場合、39.63%
  • 5年を超える場合、20.315%

税額は譲渡所得金額×税率で出すことが可能です。ちなみに譲渡所得金額は、譲渡収入源-(譲渡費用+取得費)で計算します。

 

復興特別所得税

復興特別所得税は、東日本大震災の復興に対する財源確保のためのものです。税額は、所得税額×0.021で計算することができます。所得ではなく所得税額に掛け算するので注意してください。

京都で不動産売却時の税金に関するよくある質問

京都で不動産売却をされた方から、よくお問い合わせがあった質問についてまとめてみました。

 

不動産売却に消費税はかかるのか?

個人間の売買では基本的にかかることはありません。不動産会社に仲介を依頼すると仲介手数料が必要になり、消費税がかかることになります。

 

建物と土地では不動産売却時に税金の違いはあるのか?

基本的に違いはありません。気をつけなくてはいけないのが、適用可能な特別控除は「建物のみ」や「土地のみ」といった条件付のものがあります。すべて把握するのは難しいと思いますが、特別控除をうまく利用すると節税に繋がるということは覚えておいてください。

 

税金の支払いはまとめてできるのか?

ご紹介した登録免許税や印紙税は手続きの流れで、支払いが済ませられます。しかし、その他の税金では確定申告を行ってから収める必要があるものや、納付書が届いてから支払うものなどがあります。申告漏れや納付漏れが無いように気をつけてください。

京都で不動産売却なら節税以外の効果的な方法も

手元にお金を残す方法として、節税対策はとても大事なことです。しかし、京都の物件の価値を上げるという方法も効果的です。

ライズ不動産販売では、売却を考えられている京都の不動産をどうすれば価値が上がるのか、プロの観点からアドバイスをさせていただきます。

京都の物件を数多く見てきたからこそ、不動産売却に対してできるご提案があります。お困りのことがあれば、お気軽にご相談ください。弊社では査定を無料で行っていますので、気になる方はこちらからお申し込みください。


ライズ不動産販売:無料査定フォーム

京都で不動産売却する際は税金対策も忘れずに

京都で税金対策をしていれば不動産売却をした際も、手元に残るお金が増えます。不動産売却では、もととなる金額が大きく小さい税率でも無視できない金額になるので注意が必要です。京都の物件を売却する際は、特例や節税対策をうまく使ってお金を残しましょう。

当社にはファイナンシャルプランナーも在席しております。何かわからないことやお困りごとがございましたらお気軽にご相談ください!