京都で不動産買取ならどっちがいい?仲介と買取をそれぞれ比較
Column

京都で不動産の売却を依頼すると「仲介」「買取」のどちらかの方法になります。本記事では、どちらにしようか迷っている方やよくわからないという方のためにそれぞれの特徴を比較しました。京都で不動産買取を依頼するときの参考にしてみてください。

売却方法を知ってから京都で不動産買取を

京都で不動産買取を考えている方には、売却方法についてまずご紹介します。売却方法は、仲介と買取に分かれ、それぞれ特徴があります。仲介は、不動産会社に間に立ってもらい、買主を探す方法です。

不動産会社と媒介契約を結ぶので、京都でのプロモーションや窓口対応などをすべて任せられます。買取は、不動産会社が買主となり、不動産を買い取ってもらう方法です。不動産会社と条件を話し合い、納得すれば契約成立となるので、シンプルに進めることができます。

仲介と買取を比較!それぞれの違いとは

仲介では、自分の希望に近い形で売りに出すことができます。そして、買取では早く不動産を売却することができます。一言で表すと、このような違いになりますが、京都で不動産買取を考えている場合は、もう少し詳しく違いを知っておくと自分に合った方を選べるでしょう。


売却の流れの違い

不動産買取を考える上で、流れについての違いを比較してみましょう。基本的な流れについては同じですが、不動産買取では京都でのプロモーションを含めた販売期間が必要ないのが大きな違いです。不動産買取のように、買主が不動産会社だと購入したい方を探したり、交渉したりといった手間が省けるので売却までがスムーズです。


売却期間の違い

あまり気にされない方もいますが、売却する期限が決まっている、早く京都の不動産を売却したいという方には大事なポイントです。先ほどもご紹介したように仲介の方が不動産買取よりも時間がかかってしまいます。仲介の場合、不動産会社からは2ヶ月から3ヶ月程度の販売期間を提案されることが多いですが、そのとおりに進むかどうかはわかりません。そして、販売価格や立地条件などによって契約が締結されるまで、3ヶ月以上掛かってしまうといったことも珍しくありません。諸々の条件や調整などによっては1年以上掛かることもあります。期限が決まっている方や、早く京都の不動産を売却したい方には、不動産買取がおすすめです。


売却価格の違い

不動産買取の場合は、不動産会社が京都の不動産を購入した後に付加価値を付けて改めて販売します。そのため、仲介のような京都の市場の動きや買い手とは違った価値を付ける場合があります。不動産買取は、販売期間というものを省略できるため、売却に関するスケジュールは売主様の希望通りに進めやすいです。一方で、不動産買取には不動産会社側にリスクが発生するので、仲介に比べ売却額は低めになる傾向があります。しかし、京都の不動産の価値や状況次第で、市場と変わらない売却額となる場合もあります。それぞれの場合の売却額について査定をしてもらって比較してみてもいいでしょう。

不動産買取を京都で依頼するときの注意点

仲介や不動産買取の違いについてご紹介しましたが、メリットやデメリットについても違いが発生します。比較した際の不動産買取について、メリットやデメリットをまとめました。

不動産買取のメリット

何度もお伝えしていますが、不動産買取の一番のメリットは早く売却できることです。「いつになったら売れるかわからない」といった心配が無く、スムーズに現金化することができます。そして、買主を探したり、内覧などの対応を適宜行ったりする煩わしさはありません。売却までの期限が決まっている方にとっては、不動産買取のメリットは魅力的でしょう。

不動産買取のデメリット

仲介と違い、不動産会社が再度販売して売れるまでの経費やリスクが発生するために、それらを考慮した売却額となります。そのため、比較すると売却額が低くなる可能性があります。京都の不動産会社によっては、物件の状態や周辺環境によって不動産買取を拒否する場合もあります。老朽化が進んでいたり、付加価値を付けたりするのが難しかったりすると買取ができないと判断されることが多いです。この辺りは、不動産会社によって対応がかなり変わってくるので、問い合わせてみることをおすすめします。

京都の不動産買取はライズ不動産販売へ

ライズ不動産販売は、建築業界に詳しい専門のスタッフが多く在籍しています。一般の方が売却するのは難しいと判断されるような京都の物件でも付加価値を付けることが可能です。それぞれの不動産の価値を把握し、ニーズがある場所に提供することで不動産を売却へと導きます。弊社は数多くの販売実績がありますので、安心してお任せください。今まで手がけてきた不動産の実績の一部をこちらからご覧いただけます。


京都のライズ不動産販売の売却実績

京都で不動産を早く売却するときは不動産買取を選ぼう

京都で不動産買取を考えると、仲介と買取のどちらがいいのかは条件によって変わります。今回ご紹介したように販売期間や売却額など、それぞれメリットやデメリットが出てくるでしょう。どちらにせよ、早い段階で動き出せばその後のスケジュールにも余裕が出てくるので、京都の不動産会社へ気軽に査定を依頼してみるのがおすすめです。京都の物件の特徴を考慮して、適切な方を選びましょう。